スポンサードリンク

家庭料理番外編・ドリップコーヒーのお湯の注ぎ方

家庭料理レシピのブログなのに、なぜかおいしいコーヒーの淹れ方にこだわっている当ブログ。


もうしばらくおつきあいくださいませ♪


そうそう、言い忘れていましたが、ドリップコーヒーのお湯は、


円を描くようにしてそそぐ、

のも大切です。


まとめますと、


ゆっくりとしたスピードで、


円を描くようにお湯をそそぎ、


(ヤカンを持つ手首はリズミカルな動きで)。



となります。


ぜひ、何度も練習して、おいしいドリップコーヒーを淹れてみてください。


同じコーヒー豆なのに、おいしく淹れることができると、


じぇーんじぇん違う豆かと思うくらい、おいしいコーヒーができますよ♪



あ、あと、もうひとつ、大切なことがありました!


お湯は、沸騰したものを使ってください。



ポットのお湯は、


ブー


です。


ぬるいお湯でドリップコーヒーをいれると、とーってもおいしくないです。


アツアツのお湯でいれましょうね。


なんで、知ってるかっていうと、私も失敗したことがあるからです。(テヘ)


いーっぱい失敗しましょう!


失敗した数だけ、おいしいコーヒー道へ近づいていきますよ。これ本当。


家庭料理番外編・おいしいドリップコーヒーA

さて、前回はコーヒー豆の鮮度についてお話しましたので、今回はいよいよ実践偏です。


ドキドキしますね。


おいしいコーヒーがいれられるかな?


でもね、おいしいコーヒーがいれられなくってもいいんです。


え?なんでかって?


だって、こういうことって、すこーしづつ上手になっていくものだし、たとえ失敗したって、それは必ず良い思いで、ほろ苦い思い出になるものです。(我ながら実にウマイねえ)


私も、何度もまずーいコーヒーをいれたことがあります。


「なんじゃこりゃ!これ麦茶?」


「うっわー、なんかすっぱいよ。コーヒーじゃないよ、この飲み物。」


とかね。


でも、失敗してもメゲません。


なんで失敗したかも、別に検証しません。


次も、その次も、ただおいしいコーヒーが飲みたい、っていう思いでいれるだけです。


・・・っとと、いきなり精神論になってしまいましたが、でもね、茶道の世界じゃあないけど、

コーヒー道にも精神的なものは大切なんです。


ゆっくりとした気持ちでいれた時と、イライラしながらいれたコーヒーでは、格段の違いがあるんです。



はい、ここテストに出ますよー!(昔の担任の先生を思い出すなあ♪)



もう一度、言いますよー。


ゆっくりとした気持ちでウンヌン。。。



ですよー。


はい、カンのいい方はもうおわかりですね。


そう、おいしいコーヒーをいれる最大のコツは、



お湯をゆっくりそそぐ



ことなんです。


よく、「少しお湯をそそいだら、20秒ほどむらして、それからまたお湯をそそぎましょう」と

ペーパーフィルターなどの説明書きに書いてありますが、


お湯をゆっくりそそぐ



ってのはほとんど書いてません。


私のコーヒーの師匠の動作をよーく観察してわかったことですが、


お湯をそそぐスピードが、ゆっくりとしてリズミカルなのです。



師匠は、お湯をそそぐヤカンにもこだわっていました。


そそぎ口が細くて、お湯がドバーっと出ないヤカンで、ゆっくりコーヒーをいれるのに最適なそそぎ口の角度があるそうなのです。


その最適な角度までは、ちょっとわからないのですが、とにかく師匠のお湯のそそぎ方は、自分よりもゆっくりとしていて、リズミカルなのです。



リズミカル、ってなんのこと?ですよね。


はい、ここで動画でお見せしましょう。


と、できれば一番いいのですが、あいにくビデオがありません。編集ソフトもありません。


きっといつかは動画で!と固く心に誓った後で。



えっとね、つまりですね、


リズミカル、っていうのは、お湯をそそぐときに、回しながらそそぐんです。


え?回しながらお湯をそそぐって、当たり前だよ?


はい、私も普通にコーヒー豆の上に、お湯をクルクルと回しながらいれてましたよ。


でもね、ただ回すんじゃだめなんです。


上下運動が必要なんです。



ヤカンのお湯ををクルクルと回すときに、少し上下にヤカンを調節してみてください。


手首で調節するのもコツです。



最初はなかなかうまくいきません。


でも、練習するうちに、


「うわぁ!おいしい!こんなにおいしいコーヒーが自分でいれられるなんて!」


っと、感激しちゃうことうけあいです。



もう一度、コツをおさらいしましょう。



@お湯をゆっくりとそそぐ。

ゆっくりといっても、遅すぎるとそれはそれはとてもスゴイ味のコーヒーになります。


適度なスピードは、ご自分の腕で練習してつかんでくださいね。



Aヤカンを少し上下に動かしながら、円を描くようにしてお湯をそそぐ。


これも練習が肝心です。




なんか、情報商材みたいになってきましたけども、まあひとつ、やってみようという方は、お試しくださいね♪


おいしいコーヒーがいれられると、なぜだか自分に自身がもてます。


これほんと。



いつか喫茶店やってみたいなあ〜♪


なんて夢をお持ちの方にも。。。


喫茶店には、おいしいコーヒーがかかせないですものね。










タグ:料理

家庭料理番外編・おいしいドリップコーヒーをいれましょ♪

家庭料理のサイトなのに、まだまだ家庭料理について書いていないという、我ながら不思議なことになってきました。


でも、家庭でもおいしいものを食べたい!飲みたい!っていう想いは伝わってるかな?


というわけで、今回はおいしいコーヒーのいれ方です。


コーヒーといってもインスタントではありまへん。


挽いたコーヒー豆をペーパーフィルターとドリッパーでいれる、ドリップコーヒーのいれ方です。


私は、けっこう前からドリップコーヒーをいれてたんですが、なぜかおいしくいれられない。


こんなんじゃ、インスタントの方がましだわ!っていうんで、一時期はインスタント派でした。


が、知り合いの人がいれてくれたコーヒーを飲んで考えが変わりました。


「え?なんであんなにさらっとおとしたコーヒーが、こんなにおいしいの!」


正直言って、衝撃のおいしさでした!


その方にとっては、おいしいコーヒーをいれるのは日常ごとなので、


「さあ、なんか練習するうちにうまくなったんだよね。」とのこと。


どうすればおいしいコーヒーをいれられるのかは、教えてもらえませんでした。

その方も、言葉で人に教えるようなものでもないらしいのです。


でも、


「私もおいしいコーヒーをいれてみたいっ!」


「お店で飲むコーヒーよりも、おいしいコーヒーを自宅でいつでも飲めるようになりたいっ!」


「おいしいコーヒーをいれられるなんて、なーんてカッチョイイんだ!」


という素朴な気持ちで、おいしいコーヒーのいれ方を、その方がしている仕草を観察することで、最近なんだかコツがつかめてきました。



では、ひとつづついってみましょう。


@コーヒー豆は鮮度が命です。

コーヒー豆って生の豆を焙煎して、あのように真っ黒になるわけですが、焙煎した直後からどんどん酸化がはじまります。

酸化したコーヒー豆は、正直いっておいしくないです。

だから、できるだけ焙煎した直後の豆を買いましょう。

コーヒー豆にも賞味期限ってあるんですよー。

新鮮な豆を買うには、いろいろお店を探すのもいいですが、個人的なオススメは某●トールコーヒーの売れている豆。

売れている豆って、売れているからこそ、どんどん新しい豆が入荷してくるので、それだけ鮮度もいいのです。


これも、個人的だけど、某●ター●ックスの豆は、焙煎がきつくて私はちょっと苦手。

濃いぃコーヒーがお好きな方や、エスプレッソ用にはいいかも知れませんね。


いろんなところのコーヒー豆を試してみるのも、なかなか楽しいですよ。


↓このサイトも、コーヒーへのあつーい気持ちが伝わってきてGOODです。

ドイコーヒー



タグ:料理
My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。