スポンサードリンク

家庭料理番外編・おいしいドリップコーヒーをいれましょ♪

家庭料理のサイトなのに、まだまだ家庭料理について書いていないという、我ながら不思議なことになってきました。


でも、家庭でもおいしいものを食べたい!飲みたい!っていう想いは伝わってるかな?


というわけで、今回はおいしいコーヒーのいれ方です。


コーヒーといってもインスタントではありまへん。


挽いたコーヒー豆をペーパーフィルターとドリッパーでいれる、ドリップコーヒーのいれ方です。


私は、けっこう前からドリップコーヒーをいれてたんですが、なぜかおいしくいれられない。


こんなんじゃ、インスタントの方がましだわ!っていうんで、一時期はインスタント派でした。


が、知り合いの人がいれてくれたコーヒーを飲んで考えが変わりました。


「え?なんであんなにさらっとおとしたコーヒーが、こんなにおいしいの!」


正直言って、衝撃のおいしさでした!


その方にとっては、おいしいコーヒーをいれるのは日常ごとなので、


「さあ、なんか練習するうちにうまくなったんだよね。」とのこと。


どうすればおいしいコーヒーをいれられるのかは、教えてもらえませんでした。

その方も、言葉で人に教えるようなものでもないらしいのです。


でも、


「私もおいしいコーヒーをいれてみたいっ!」


「お店で飲むコーヒーよりも、おいしいコーヒーを自宅でいつでも飲めるようになりたいっ!」


「おいしいコーヒーをいれられるなんて、なーんてカッチョイイんだ!」


という素朴な気持ちで、おいしいコーヒーのいれ方を、その方がしている仕草を観察することで、最近なんだかコツがつかめてきました。



では、ひとつづついってみましょう。


@コーヒー豆は鮮度が命です。

コーヒー豆って生の豆を焙煎して、あのように真っ黒になるわけですが、焙煎した直後からどんどん酸化がはじまります。

酸化したコーヒー豆は、正直いっておいしくないです。

だから、できるだけ焙煎した直後の豆を買いましょう。

コーヒー豆にも賞味期限ってあるんですよー。

新鮮な豆を買うには、いろいろお店を探すのもいいですが、個人的なオススメは某●トールコーヒーの売れている豆。

売れている豆って、売れているからこそ、どんどん新しい豆が入荷してくるので、それだけ鮮度もいいのです。


これも、個人的だけど、某●ター●ックスの豆は、焙煎がきつくて私はちょっと苦手。

濃いぃコーヒーがお好きな方や、エスプレッソ用にはいいかも知れませんね。


いろんなところのコーヒー豆を試してみるのも、なかなか楽しいですよ。


↓このサイトも、コーヒーへのあつーい気持ちが伝わってきてGOODです。

ドイコーヒー



タグ:料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。