スポンサードリンク

ノロウイルスに気をつけるには、家庭料理を作る前には手を洗おう!

家庭料理を作る前に、食中毒には気をつけましょう!


かくいう私も、以前、自分で作ったケーキにあたったことがあり、

自分が熱が出たり、ひどい下痢になったばかりか、

ケーキをふるまった家族、友人、バイト先、の多くの人を

苦しめたことがあります(暴露!)


あれは、本当に私の衛生観念が足りなかったことであり、

今思うと、穴があったら入りたいほどです。


今、ちまたではノロウイルス

話題とウイルスをふりまいていますが、


今回は、このノロウイルスについて、調べてみました。


たまには、家庭料理レシピから離れてみましょう。


でも、おいしい料理は、安全も伴うのです♪



以下の事例は、

東京都感染症情報センターHPより引用しました。
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/noro/index.html




●芝浦食肉検査所の職員が忘年会で食中毒


12月8日(金)  職員46名が某飲食店で忘年会。

12月11日(月) 10名が職場を休む(下痢などの症状あり)。

12月13日(水) 全員が回復。

12月15日(金) 健康調査の結果、27名が下痢などの症状を訴える。

          検便による検査の結果、7名からノロウイルスが検出された。




●練馬区の仕出屋で食中毒

12月15日(金) 練馬区の仕出屋から400食の弁当を94ヶ所へ配達。

12月19日(火) 50ヶ所の配達先から、計70名の患者を確認。
          患者はいずれも、昼食として仕出屋からの弁当を食べていた。

          患者の便からは、ノロウイルスが検出された。

☆弁当のメニュー  

【12月12日弁当】
シルバー西京漬け、レタス、野菜ハンバーグ、三色野菜の寄せ揚げ、
ふりかけ、クリームシチュー、ゴボウサラダ、カキフライ、千切りキャベツ、みそ汁、ごはん

【12月13日弁当】
れんこんメンチ、キャベツ千切り、もやしとニラの炒め物、肉ギョウザ、
ほうれん草オムレツ、かにサラダ、くずきり胡麻風味、肉じゃが、みそ汁、ごはん


以上、

東京都感染症情報センターHPより引用。
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/noro/index.html


現在も、10名以上が同時に食中毒になる事例がふえ続けています。


         
ーーー*−−−−−*−−−−−−−−*−−−−−−−−−*−−−−−−−−−−−−−*



以下の記事は、

東京都福祉保健局
『社会福祉施設等におけるノロウイルス対応標準マニュアル・ダイジェスト版』PDF資料からの抜粋です。

http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/noro/digest/nmd.pdf


<ノロウイルスの特徴>

  ・感染力が強く、ごく少量であらゆる年齢層の方に感染(高齢者などは重篤になることがある)

  ・下痢・おう吐・発熱・腹痛などが主な症状。

  ・ウイルスは感染してから1週間程度便中に排泄され続ける。



<感染経路>
   
   ・加熱が不十分な二枚貝など、ウイルスが付着した食物から感染

   ・感染した人が、十分に手洗いを行わずウイルスが手についたまま調理すると
    食品が汚染され、その食品を食べた人が感染

   ・感染した人の便やおう吐物を処理した後、手についたウイルスや、不適切な処理で残った
    ウイルスが、口から取り込まれ感染


<予防のポイント>

● ノロウイルスは他の細菌に比べて熱に強く、中心温度85度以上で1分以上で食品の加熱が必要

● 手洗いの徹底を

   ・トイレ使用後、調理の前、食事の前には、石けんと流水で30秒以上手洗い
    
   ・逆性石けん、アルコールの消毒効果は十分ではない。
    塩素系漂白剤の次亜鉛素酸ナトリウムは効果がある。

    
● 食品の取り扱いに注意を
   
   ・調理器具などの洗浄・消毒を徹底
   
   ・生で食べる食品(野菜、果物等)は十分に洗浄


● 吐物の処理は細心の注意を
   
   ・おう吐物をふき取るときは、手袋、マスク等を使用する
    
   ・室内で吐いた場合は、部屋の喚起を十分にする
   
   ・吐いた場所は塩素系殺菌消毒剤等で消毒する


● 手洗いの基本
   
   @石けんを使い、十分こすり洗いをし、水で洗い流すことにより、ウイルスが大幅に減少する

   A手洗い後の手拭用タオルは共用せず、ペーパータオルなどを使い毎回タオルを交換するか、
    個人用タオルを利用する。

   *水道の蛇口は洗う前の手で触れているので、手と一緒に洗うかペーパータオルを利用して
    蛇口を締めると、手の再汚染を防ぐことができる。



●手洗いの手順

<爪は短く切っているか? 時計や指輪をはずしているか?>をチェック。

@石けんをつけ、手のひらをよくこする。

A手の甲をのばすようにこする。

B指先・爪の間を念入りにこする。

C指の間を洗う。

D親指と手のひらをねじり洗いする。

E手首も忘れずに洗う。

F十分に水で流し、ペーパータオルや清潔なタオルでよくふき取って乾かす。



●手を触れる場所や、身のまわりの清潔・消毒

@手を触れる場所や身の回りのものは、きれいな布で水拭きうするなど、常に清潔を保つようにする。

(例:手すり・ドアノブ・水道の蛇口・机・イス・引き出しの取っ手
 車イスの押し手、ベッド回り、三輪車、おもちゃ、など)


A感染予防のために、よく手をふれる場所は定期的に消毒する。

(例:手すり・ドアノブ・水道の蛇口などを、0.02%次亜鉛素酸ナトリウムに浸した布などで拭く)

 *次亜塩素酸ナトリウムは金属を腐食させるため、金属部分に使用したら10分程度たった後
  水拭きする。また、塩素ガスが発生することがあるので、使用時には十分に換気する。





★リンク

東京都感染症情報センター
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/noro/index.html


大阪府健康福祉部・食の安全推進課
http://www.pref.osaka.jp/shokuhin/noro/


愛知県衛生研究所
http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/67f/nlv.html


東京都健康安全研究センター
http://www.tokyo-eiken.go.jp/issue/health/10/2-1.html


ウィキペディア・ノロウイルスページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9 (参考文献、脚注・・・丸山務他 『ノロウイルス現場対策—その感染症と食中毒 つけない・うつさない・持ち込まない』
   幸書房、2006年3月 )



厚生労働省『ノロウイルスに関するQ&A』PDF資料
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/dl/040204-1.pdf





東京都福祉保健局公式サイト『食品衛生の窓』
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/micro/srsv2.html


東京都福祉保健局
『社会福祉施設等におけるノロウイルス対応標準マニュアル・ダイジェスト版』PDF資料
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/noro/digest/nmd.pdf




以上、ノロウイルスについて調べてみました。


特に、東京都福祉保健局のノロウイルス対応標準マニュアル・ダイジェスト版は、写真やイラスト入りでわかりやすく、とても参考になります。



この機会に、正しい手の洗い方をマスターしておきましょう!

野菜のスープを作りましょ〜♪

家庭料理とくれば、スープるんるん


あれ?


唐突すぎるかしら・・?



ま、とにかく、突然飲みたくなったり、作りたくなるのが、


この野菜のスープなのですひらめき


まずは、玉ねぎ1個をトントントン


(適当に切ってください。ハハ、我ながらいいかげんだなーいい気分(温泉)


切ったタマネギをナベでオリーブオイルで炒めます。


炒めること、20〜30分。


えぇーーむかっ(怒り)


そんなに長く炒めらんなーいふらふら



そうでしょう、そうでしょう、ウンウン。


でもね、おいしいんですよー。


もうね、ムフフキスマーク

ってくらいにおいしいんです。(ナニ?)


このよく炒めたタマネギのおいしさ。


これさえあれば、正直言って、ブイヨンはいりまへん。


塩・酒・こしょうしょうしょう(早口言葉みたい)


くらいの味付けで、本当においしい


野菜スープができます。


具は、なんでもいいですよ。

冷蔵庫や、棚に置き忘れた(?)野菜の切りっぱなしや、


もうダメかなあというくらいシワクチャになったキャベツだって、


スープに入れれば


ほらおいしい
かわいい


とにかく、タマネギを焦がさないように、


長い間いためるのがコツです。


生の時の半分以下の体積になって、


キツネ色くらい、になったらOKです。


あれは、すんばらしいブイヨンだと私は思うなあ〜ぴかぴか(新しい)





タグ:料理

家庭料理レシピ・魚の本当においしい焼き方♪

家庭料理にかかせないもの、といっても、特にウチでの話ですが・・・。


実はウチには、


魔法のナベ


があるんです。ぴかぴか(新しい)



といっても、中でグツグツと紫色の液体を煮詰めて、


グッフッフ、これで白雪姫もイチコロだわさパンチ



なーんていう魔法のナベではありまへん。


実は、そのナベは、昔使っていた炊飯ジャーの中釜なのです。



もちろん、中には「1合・2合・3合」なんていうメモリもついていて、


れっきとした中釜なのです。



が、うちではもはや炊飯ジャーは使いません。


だってだって、圧力釜の方が、


早くておいしいんだもーんかわいい


というわけで、この中釜が、本当にびっくりするくらい、


別分野で大活躍なのです。



まるで、セカンドライフを満喫している定年後のお父さん、って感じ。

(どんな例えや!)



とまあ、ボチボチ、魔法のナベの使い方についてお話しましょう。


まず、一番すばらしい使い方は、焼き魚を焼くときです。


ナベ(中釜ね♪)を直接コンロに置きます。


中に塩をふって、内臓をとった新鮮でおいしい魚を入れます。


アルミホイルや、宴会用の使い捨てアルミ皿なんかでフタをします。


火は弱火


もう最初から最後まで、弱火です。


これがコツかな。


こうして焼いたお魚は、ふっくらやわらか、油もほどよく切れて、焦げ目も香ばしくって、


サイコーにおいしいのですっキスマーク




ま、いきなり、炊飯ジャーの中釜を、コンロにはかけられないと思いますので、


一般のご家庭(うちは一般的ではありませんので)では、


フライパンか、いらなくなったナベなどで、


お魚を焼いてみてはいかがでしょうか?


弱火でフタをして、油も敷かないでも、きれいに焼けますよ♪
タグ:料理

家庭料理にたいする考え方

家庭料理とひとくちに言いましても、


お肉や魚を使った料理から、野菜を使った料理まで、はたまたご飯・味噌汁・おいしいコーヒーにいたるまで、



家庭でおいしい料理やドリンクを自分で作って食べる


これが、一番のテーマだと思うんです。


家庭料理という言葉からは、普通、


『家族団らん』


というイメージがわきますが、


私には、


『自立した大人の生活』


というイメージがあります。



今日のメニューを考えて、


足りないものを買い物して、


順番を考えながら、料理をし、


おいしく楽しく食事をして、


キチンとさっさかお片づけ。


これらが、自然に、気負いなくできちゃうのが、


本当の大人の生活


なんじゃあないでしょうか。


最初のころは、うまくはいかないこともあります。


でも、家庭で料理をするうちに、だんだんと自然にいろいろなことが身についてくると、


季節の食べ物に関心がもてたり、


自分の体は、自分が選んで食べたもので形作られているんだ、


ってことに気づいたり。



親や、親代わり(パートナー含む)の料理を、


ただ与えられただけの料理を食べるだけだったときよりも、


自分で料理を作って食べるようになると、


いろいろなことに気づくことができるようになります。


そして、今まで作ってくれていた人たちの労力に感謝したり、


誰かに料理を作ってあげる喜びが生まれるんです。


ひとつ大人になっちゃうんですね。


家庭料理ってとーっても、奥が深くて、


自分を成長させてくれる大切なもの、


だと私は思います。



たまには、真面目に。


おあとがよろしいようで。るんるん


タグ:料理

家庭料理レシピ・本当においしいそばつゆの作り方♪

家庭料理レシピの中で、

一番出場回数が多い調味料が、この


そばつゆっ


です。


小さい『っ』が入るくらいに、


力を入れてオススメしたいものでするんるん



作っておくと、


うどん・そば・だしつゆ・煮物・おひたし・カンタンおすまし、


などなどに応用できます。


市販のそばつゆもいいですが、


やっぱり


手作りがおいしいのですっ!


はぁはぁ、息が荒くなるほどです。。。



では、作り方です。


またしても、分量などは適当ですので、


ご自分で加減して作ってくださいね。



まずは、1リットルくらいの水をわかして、沸騰したらかつおぶしを、


たーーーぷり入れてください。



だいたい、本に書いてある量の倍くらい入れると、


本当においしいそばつゆ


ができます。これ本当手(グー)


弱火でしばらく煮てから、かつおぶしをこします。


ダシができたら、そこへ


しょうゆ


黒砂糖(これがポイント!)





塩ひとつまみ(にがりの入ったもの)(これもポイント!)


を入れて、


沸騰しかけたら、すぐ火を止めます。


しょうゆは、沸騰すると苦くなるので、沸騰しかけたら火を止めるのがコツです。



あとは、さまして、空きビンや空きペットボトルに入れて、冷蔵庫へ。


これで、本当においしい鳥南蛮うどんを作ると、



ほっぺた落ちますよ〜!


タグ:料理

家庭料理メニューには旬の野菜をオススメ♪

家庭で料理っていっても、毎日毎日のことだと献立を考えるだけでゲンナリですよね。


家庭で料理をまかされてる人が一番悩むところが、このメニューを考えるところだと思うんです。


そこで、家庭で料理のメニューを考えるときのコツなんですが、


旬のものを食べる!


これが一番てっとりばやくて、おいしくて、栄養的にも、経済的にもグッドなんです。


最近は年がら年中、スーパーでは本来夏にとれる野菜であるトマトやきゅうりなど、季節のものでない野菜などが売られてますが、


そういうものは季節以外にはなるべく買わないほうがいいです。


なんでかっていうと、夏に採れる野菜は、夏に食べるのが一番おいしくて、


栄養も豊富で、かつお値段もお安いのです。


一石三鳥くらいのメリットがあるんです。


サラダといえば、秋でも冬でも、トマトときゅうり。


これ、実家の献立になってましたが、ああいう献立はそろそろやめてもいいんじゃないかな、と思うんです。


(たぶん、母の世代が習った家庭料理の献立メニューに、生野菜を食べなさい!という教えがあったんじゃないでしょうか?


当時はあまり生野菜を食べてなかったようですからね。)



でもでも、冬には、冬に採れるおいしい野菜がたくさんあります。


ネギ・白菜なんかは、冬こそおいしいんです。


えー?毎日同じ野菜を食べなくちゃいけないってこと?


いやいや、そんなことはないです。


冬の家庭料理に取り入れたい野菜はけっこうあります。


白菜・ねぎ・ほうれん草・小松菜・ゆり根・かぶ・大根など。


けっこうありますよね。


これらは冬に採れる野菜なので、冬に食べると体にいいものばかりです。


小松菜なんかは、血行をよくしてくれて、カルシウムも豊富なのでいらいらを鎮める効果もあります。


特に、ビタミンDが豊富なキノコと炒めると効果的です。


ねぎは、風邪の諸症状を緩和してくれる、昔からよく知られている食材です。

あのネギのにおい成分が、発汗をすすめてくれます。

のどや肺にも効果的です。


というわけで、季節にあった食材を家庭の料理に活かせば、


食卓もニッコニコ、というわけです。(^ー^)/






タグ:料理

家庭料理レシピ野菜編・白菜と豆腐のあえもの

家庭料理というと、なぜか思い出すこの料理。


料理っていっても、ただゆでて混ぜるだけなんだけども、


なぜか時々むしょうに食べたくなるのです。


漢方の世界でも、この白菜・豆腐とあと大根を合わせて、養生三宝といって、重宝してきたそうです。


栄養的にもグッドなんでしょうね。




さて、まずは豆腐をゆでます。


(正直言って、最近まで豆腐はゆだると浮かんでくることを知らなかった。。

友人に教えてもらい、目からウロコ。揚げ物と同じ論理なのね。)



というわけで、豆腐がゆだったらザルにあけておきます。


次に白菜もゆでます。5mmくらいの細切りにしたものを、ごく普通にゆでます。

ゆでたら、ギューっとしぼってください。


あえダレの材料です。


麦みそ+お酢+はちみつ+すり白ゴマ


これをお好みの分量でまぜてください。


そこへ、くずした豆腐と白菜を入れて、あえます。



このあえダレは、他にも、


ほうれんそう、小松菜、大根千切りなどにかけてもおいしいです。


秘訣は、やっぱり


麦みそはちみつ。


砂糖を使うよりも、優しくてコクのある味になります。


たまに、ユズの皮をおろしたものや、レモン汁を入れて、バリエーションも楽しめます。


では、家庭で料理をめしあがれ〜♪
タグ:料理

家庭料理レシピ・究極の鳥南蛮うどん♪

ここは家庭料理のブログなんです、本当に。


お待たせしました。やっと家庭料理レシピが出てきましたよ!


その名も、『究極の鳥南蛮うどん』です。


いやはや、我ながら大げさですね。


いやいや、でも本当に何度も食べても飽きないし、


どこのお店で食べるものよりもおいしいのですから、そう大げさでもないでしょう。



早速、レシピです。


鶏肉はおいしいものを選んでくださいね。


おいしくない鶏肉は、当たり前なのですが、おいしくないんです。(臭いがあるんです。おいしい鶏肉は臭いがありません。)


できれば、自分でいろんなお店で買って試してみて下さいね。


おいしい素材探しも、家庭料理の一部だと思います。



んで、鶏肉はひと口大に切ります。


しょうゆ・酒で下味をつけてください。


うどんをゆでます。


うどんも、できればおいしいうどんを選んでくださいね。


なぜなら・・・、くどいようですが、おいしいうどんはおいしいのですっ!


おいしいうどんを選ぶコツは、乾麺なら、ゆで時間が13分から15分かかるものがいいです。


短い時間(10分以内)でゆだるのは、便利ですが、あまりおすすめしません。


コシがあって、しこしこツルツルしたうどん(乾麺)は、ゆでる時間が長いのが特徴です。


うどんは、袋に書いてある時間よりも少し短めにゆでましょう。
(袋に湯で時間15分とあれば、10分くらいゆでる)


ゆでたらザルにあけて、流水(冷たい水です)でうどんを洗います。


この時、しっかりモミ洗いをしてください。うーん、動画で見せてあげたいわん!(いつかきっと!)

うどんをつかんでギュッツギュツっとモミ洗いすると、しこしこツルツルになります。(手加減はしてね。)


うどんはザルにおいておいて、汁を作ります。


鍋を熱して、熱くなったら油を少しいれます。(オリーブオイルでも可)


そこへ、下味をつけた鶏肉を入れて、こんがりと焼きます。


鶏肉がひとまわり小さくなって、焦げ目もホンノリついたら、


そこへ、そばつゆのモトを入れます。(これは市販のものより、やっぱり手作りがいいです。おいしさが違います!作り方は、また後日。)


さらに、お湯を入れて、味を見ます。


あ、そうそう分量とか書いてないですが、ご自分で調整して作ってみてください。

いろいろと試していくうちに、ご自分の好みの味ができますものね。


決まってるレシピよりも、自由なレシピのほうがいいかな、と思ってます。


なんでかというと、失敗も練習のうち、だと思うからです。


誰かが決めた分量を守って作るよりも、自分で試行錯誤したほうが、ぜーったいいいに決まってます。


なによりも、一番早く確実に身につきます。


なので、分量やレシピも、ぜひご自分でいじってみてくださいね♪



続きますが、鍋の中には焼いた鶏肉+そばつゆ+お湯が入りましたね。


そこへ、うどんを豆乳、、、じゃなくて投入します。


うどんを入れたら、しばらく沸騰するまで強火で加熱します。


うどんがお好みの固さになったら、火を止めて、ねぎを小さい乱切りにしたものを入れてできあがりぃ〜♪


七味や一味をかけて召し上がれ!


この鳥南蛮うどんは、本当に飽きないおいしさで、冬にはモチロン、夏の暑い時期も汗をダラダラ流しながら食べるのも、また格別です。


おいしさのコツは、鶏肉を焼いてから、その鍋へそばつゆなどを入れること、です。

普通のレシピなどでは、たいてい生の鶏肉を、あたたかいそばつゆに入れて、アクを取りながら煮ますね。


あれだと、鶏肉のうまみが出てしまって、食べるとパサパサなのです。


鶏肉を焼いておくと、やわらかくておいしい鳥南蛮うどんになります。


汁にも、ちゃんと鳥のダシは出ますしね。



具は、あまりいれないほうが味がスッキリして、おいしいです。


きのこや白菜、卵などいろいろと試したのですが、一番シンプルな上のレシピが一番おいしいです。


ぜひ、一度おためし下さいね。(^−^)/


うーん、ようやく家庭料理レシピらしくなってきました。ホッと一安心。
タグ:料理

家庭料理番外編・ドリップコーヒーのお湯の注ぎ方

家庭料理レシピのブログなのに、なぜかおいしいコーヒーの淹れ方にこだわっている当ブログ。


もうしばらくおつきあいくださいませ♪


そうそう、言い忘れていましたが、ドリップコーヒーのお湯は、


円を描くようにしてそそぐ、

のも大切です。


まとめますと、


ゆっくりとしたスピードで、


円を描くようにお湯をそそぎ、


(ヤカンを持つ手首はリズミカルな動きで)。



となります。


ぜひ、何度も練習して、おいしいドリップコーヒーを淹れてみてください。


同じコーヒー豆なのに、おいしく淹れることができると、


じぇーんじぇん違う豆かと思うくらい、おいしいコーヒーができますよ♪



あ、あと、もうひとつ、大切なことがありました!


お湯は、沸騰したものを使ってください。



ポットのお湯は、


ブー


です。


ぬるいお湯でドリップコーヒーをいれると、とーってもおいしくないです。


アツアツのお湯でいれましょうね。


なんで、知ってるかっていうと、私も失敗したことがあるからです。(テヘ)


いーっぱい失敗しましょう!


失敗した数だけ、おいしいコーヒー道へ近づいていきますよ。これ本当。


家庭料理レシピ・おみそ汁でお味噌すする

おみそ汁でお味噌をすする。


なんかおやじギャグな題名ですが、でも、おみそ汁って、お味噌をだし汁でといて飲むスープなわけですから、これでいいのだぁー♪


えっと、なんかようやく家庭料理のサイトらしくなってきました。


なにはともあれ、今回は、おみそ汁です。


おみそ汁っていっても、地域や家庭の味があると思いますんで、その辺は興味のある方はこちら(マルコメ公式HP)へ。


本当に、お味噌っていっても、いろんな種類があるんですね。

勉強になります。


ほんで、MY家庭で飲んでるおみそ汁ですが。


ズバリ、麦みそを使ってます。


関東人なので今までは、大豆+米+塩でできた、米みそを使ってました。


でもね、一度、知り合いのご家庭で飲んだ、麦みそを使ったおみそ汁が、


とーーーってもおいしかったのです。


甘くて、まろやかで、私好みだったのです。


それ以来、すっかり麦みそにはまっており、現在にいたります。


ダシは、ごくノーマルに、昆布とカツオ節です。


具は、まあいろいろですが、


変わったところで、アサリとワカメがなかなかいけます。


これも知り合いのところでいただいたのですが、正直、


え?海のものと海のもの?


と驚きました。(私だけ?)


たいてい、海のものと山のものをあわせるのが基本、みたいな固定観念があったので。


なんでこんな固定観念があるかっていうと、思い出してみると、そういえば黒柳徹子さんの『トットちゃん』の中で、学校の先生がお話してくれた豆知識だったのです。

我ながら、よく覚えてるなあ。何十年も前に読んだのに。


でも、このアサリとワカメ、案外あいます。


やったことない方は、一度お試しあれ。


海のもの満載のおみそ汁ってのも、たまにはいいですね。














My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。